食材の旬について

2022/06/08 コラム

料理店で「今が旬」といった看板やメニューの表記を見ることがあります。
そもそも食材における旬とはどんな意味なのでしょうか。
今回は、食材の旬について解説します。

▼食材の旬について
料理店だけでなく、スーパーなどの生鮮食料品店でも旬の食材はおすすめされています。
そんな食材の旬について見ていきます。

■旬とは
食材における旬とは、季節によって生じるそれぞれの食材の「食べごろ」のことです。
現代では、同じ野菜が店頭に一年中並びます。
それは、栽培技術が発達してハウスなどの温室で一年中野菜を育てることができるからです。

本来の野菜は、種類によって収穫できる季節が決まっています。
魚も、養殖技術の向上でほとんどの魚が通年で食べられるようになりました。
しかし、天然の魚に関しては種類ごとに、漁獲量が高い季節が異なります。
自然の中で、その食材が豊富に収穫できるほど成長して、食べごろになったタイミングを「旬」と呼ぶのです。

■旬の食材の良さ
栄養価が高いことが旬の食材の良さです。
旬の食材は、最適な自然環境で成熟することで栄養価が豊富に含まれます。
季節ごとに、栄養価の高い旬の食材を使った料理を食べることで、健康に過ごすことができます。
また、旬の食材は、それ以外の時期と比べて味が濃くなるものも多いです。
野菜であればサラダ、魚であればお刺身など、食材そのものの味を生かした料理を楽しめるのも旬の食材の魅力です。

▼まとめ
食材の旬について解説について解説しました。
それぞれの食材が豊富にとれる「食べごろ」のことを旬といいます。
栄養価の高さと食材そのものの味を楽しめるのが、旬の食材の良さです。
当店では、野菜や魚など旬の食材を使った料理をお出ししています。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。